クリニック案内

このエントリーをはてなブックマークに追加

院長ごあいさつ

院長写真

院長の水谷健一です。どうぞよろしく。
生まれも育ちも四日市市です。昭和58年三重大学医学部を卒業し、小児科医を目指し卒業後は三重大学小児科学教室に入局しました。
三重大学付属病院、桑名市民病院(現 桑名医療センター)、国立津病院(現 三重中央医療センター)、国立三重病院(現 三重病院)など三重県内の病院に勤務しました。
そのほか昭和63年から国際協力事業団(JICA)から、医療専門家としてアフリカのザンビアへ2年間、家族といっしょに、新生児、感染症の技術指導にいってきました。
日本小児科学会専門医
でその他日本小児感染症学会、日本ワクチン学会、日本外来小児科学会、日本禁煙学会などに所属しています。専門は感染症、免疫、アレルギーです。
医学博士号は水痘ウイルス感染免疫の研究で取得いたしました。
約3年間の四日市社会保険病院(現 四日市羽津医療センター)小児科勤務の後
ここ桜花台団地で開院いたしました。開院のモットーとしましては医院らしくない医院、自宅のリビングでくつろいで待っているような、そして子供たちが恐がらないような雰囲気を目指しました。そのため白衣は着用いたしませんのでご理解下さい。
 診療受付は
アイチケットという予約システムで順番予約制です。携帯電話とコンピュータのホームページ(トップページの診療予約)から予約ができて、込み具合やあとどのくらいで順番が来るかがリアルタイムで確認できます。そのころを見計らって少し早めに着ていただければほとんど待ち時間無く受診できます。一般受診、感染の恐れのある方、予防接種と別々の待合室になります。
 又受付から会計まで極力お待たせしないように開業当初から電子カルテを採用いたしました。そのため診察の流れは大変スムーズになっています。薬は薬剤師の説明を十分聞いていただけるように院外処方といたしました。
さらに、育児に奮闘されているお母さん方を対象に、子育て支援センターさくらんぼを併設し、育児サークルとしてさくらんぼクラブを月1開催し、赤ちゃんの病気や育児に関するテーマを取り上げ講演や座談会を行っています。病気のことや育児のこと事故予防、離乳食、歯のことなどいろいろなテーマで好評です。子育てママ友達ができますよ。
不要になった育児用品やおもちゃを寄付していただき、必要な方へと無料仲介も行っています。謝金はユニセフへの募金とさせていただいています
またボランティアのおもちゃドクターズの皆さんによるおもちゃの無料修理(部品代は実費)も行っており、月一回の「おもちゃのチャチャチャ」というおもちゃ作りのイベントも行っています。

平成29年6月1日から四日市市の委託を受けて病児保育を始めました。さくらんぼの2階を病児保育室に改造いたしました。二宮メディカルクリニックさんのカンガルームに続いて四日市での2件目の病児保育です。保育士、看護師、栄養士が待機しています。ぜひご利用ください


診療について

小児科・皮膚科・アレルギー科を中心に、小児の治療をしています。
そのほかこどもたちをタバコから守るため禁煙外来を行っています。保険適応で禁煙治療ができます
夜尿(おねしょ)外来
も行っています。これまで多くのこどもたちが夜尿を克服されて喜んでいます
アトピー性皮膚炎に対し治療も行っていますのでご相談下さい。
にきび治療も行っていて好評です。ご相談ください
予防接種は随時診療時間内、乳幼児健診の時間でいつでもできます。アイチケットで順番予約を取ってください。一部のあまり打たれていないワクチン(不活化ポリオ単独、子宮頚癌、髄膜炎菌ワクチン、高齢者向け肺炎球菌ワクチンなど)は取り寄せになりますので事前にご相談ください。
4か月健診では
腎エコー検査、10か月検査では視力検査を行っています


医師

        
院長
水谷 健一         
               日本小児科学会 小児科専門医  医学博士
               公益社団法人四日市医師会 副会長          
              三重県小児科医会理事